スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものづくりコーディネートとは?

経営資源に乏しいものづくり中小企業・小規模事業者は、厳しい競争環境に置かれて
おり、受注活動も思うようにいきません。こうした現状を打開するためには、ものづくり
中小企業同士が互いに連携し、不足している経営資源を相互補完することで、大きな
効果が期待できます。

実際に企業連携を行っている企業を調査すると、「既存事業の取引先の拡大」「新たな
製品・サービスの開発・販売」に効果があったとしています。(2013年度 中小企業白書)

■ 中小企業連携の目的
いままで中小企業の連携組織は,共同受注を目的に設立されていました。ただし,共同
受注を目的としただけでは,受注状況の悪化によって連携組織を存続させるのが難しく
なっています。

そこでメンバー間での情報共有や人材確保,新規市場の開拓などの「自己成長」を目的
とすることが不可欠です。

最終目標として、完成品開発に打って出ることによって「下請けからの脱却」を目指すこ
とが求められると思います。

■ ものづくり中小企業の現状・課題
ものづくり系の中小企業は,ユニークな加工技術を活かして面白い製品を考案している
企業も多いと思います。しかしながら,それをマーケティングして売るところまでもっていく
ノウハウに欠けています。

また、完成品となると、様々な加工・組立技術、製品の梱包デザインなどの自社にはない
工程を経て出荷しなければなりません。また、安い部品を海外から調達しなければならな
いこともあります。

最も困難なことは、販路開拓です。
良い製品を作っても、売れなければ利益も得られません。国内外の展示会への出展や、
ホームページの充実、国や県の支援を得るなど、一社では困難な様々なマーケティング
への取り組みを、共同で企画し実施することが必要になってきます。

■ 企業連携の方法
それらの活動を行うために不足しているものを補うのが企業連携です。
様々な加工業者やデザイナーなどが集まって情報を共有し,助け合い、一つの目的に
向かって、最終商品の開発・販売を行って行きます。

企業が連携する上で重要になるのが、企業同士がコミュニケーションをとれるネットワ
ーク作りです。これまで,ものづくり系の中小企業は特定の地域に集積し,地縁や血縁
をベースとした企業間ネットワークを形成してきました。しかし近年,アジア・中国への
生産シフトや後継者問題から倒産が相次ぐといった状況の中で,これまでの濃密なネ
ットワークが崩れつつあります。

これまでの古いネットワークが消える一方で,新しいネットワークを形成する動きを促進
することも大切であり、インターネットの活用は不可欠です。
地域を基盤にしたウェットな連携だけでなく,インターネットが普及した現在,遠く離れた
地域同士が連携できる環境を整えていくことが重要です。

■ コーディネーターの必要性
企業連携を成功させるための秘訣は、プロジェクトを牽引する「コーディネーター」または
「プロジェクト・マネジャー」が絶対に必要だということです。

コーディネーターはどのような働きをするのかというと、例えば、製品の売り方や見せ方
を知らないメーカーにデザイナーやマーケティング・プランナーを紹介してつなぐこと。

そのために必要とされる能力は「コミュニケーション能力」です。上から見下ろすような感じ
ではなくて,相談者と同じ目線で話を聞き,課題を抽出することが大切なのです。そうした
コミュニケーション能力を持つ、若くて優秀な人材を育て輩出して行くことも、企業連携には
必要なことです。

若者が目標とするような生き方や見本といったものを、連携の中で模索し育て上げていく。
日本のものづくり業界では、はっきり言ってコーディネーターといった職種はあまり認知され
ていませんでした。そのような仕事に憧れを持つ若者が増えれば,ものづくり企業連携の
可能性は大きく膨らみ、バラ色の将来が開けてくるのではないでしょうか。

企業連携には企業の結集、連携の形、事業の方向性を定める必要があり、その役目を担う
ため、当社はいままでコーディネーターの役割を担い連携を推進してきました。

単なる商社機能とは異なり、スピーディーな課題解決、各企業の保有する高度な技術や情
報の共有化など、プロジェクト推進の中心機能を担うことが当社には求められています。
スポンサーサイト

事例紹介

デザイン・試作.jpg


■ 3Dプリンタ・3Dスキャンでスピード対応
■ 自動車部品、OA部品 専用工法による試作金型製作
■ 真空注型による短納期試作部品製作

yjimageCA1VYVAZ.jpg scan-03.jpg
当社では、自由な発想による製品企画やアイデアを、提携専門企業が「ものづくり」の視点から、
意匠デザイン・工業設計を行い 3Dプリンターによる試作造形で検証を行いながら、お客様の
アイデアを量産フェーズまで導きます。

■ 切削加工による精密部品試作
 樹脂、アルミニウム、ステンレス材などの切削加工による試作品製作をスピード対応致します。
 
部品1 部品2 部品3


製品設計.jpg


■ レーザーを使った自動測定機器設計・製造
 ・ソフトウエアを組み込んだ商品企画・設計

IMG_1897.JPG用途:生産ラインにおける部品寸法/平面度/直径測定ロボット
構成:PC、赤外線レーザーユニット、X-Yスキャナー
機能:赤外線レーザーにより寸法・平面度を1/1000mmの精度で測定









■ リモコンの設計・製造
 ・カード型リモコンの開発設計・量産

IMG_3184.JPG様々な家電や、制御機器などに使われているリモコン。
日本では、安くて良いものを作ろうとしても、とてもできません。
このような製品を作るのが得意なのはやはり中国です。












■ 車オプションパーツ
ステンレス板金プレス部品にLEDイルミネーション組込み製品
 プレス.jpg
ステンレス板金プレス、表面はヘアライン仕上げ
LEDにより、ロゴマークのイルミネーション表示する自動車オプション用品。





委託生産.jpg


信頼度の高い、日系企業へ製造委託するから品質保証は万全
■ 短納期プラスチック試作金型設計・製作(自動車部品最短1W)
■ 大型順送プレス金型短納期設計・製作(500t金型 最少30日)
■アルミ・亜鉛・マグネシウムダイキャスト金型設計・製作、粉体塗装
■ 切削加工、板金加工・溶接、メッキ、表面処理、塗装など一括受託

TOHO-001-P01.jpg  新規 Microsoft PowerPoint Presentation


物流貿易.jpg


信頼できる物流企業と提携、最短・最安値の輸送を実現します。
中国国内輸送および、中国から、日本までの輸送をお引き受けします。

中国委託生産のメリット

2013年以降為替相場は、じわじわとドル高・円安方向へ動き始めました。このところの
円安メリットを生かした中国委託生産の在り方、新たなビジネスモデルの構築について
考えてみます。

■ 加工貿易型ビジネスモデル
かつては、日本から部品や材料を中国へ輸出し、中国の工場で加工、組み立てを行って
日本へ輸入するという「加工貿易」が成り立っていました。

  日本<部品・材料> → 中国<加工・組立> → 日本<消費>

この加工貿易モデルは、来料加工(部品を無償支給して組み立てる)、進料加工(部品
を有償支給・または中国国内調達して組み立てる)が主で、安い加工賃で組立て、製品
を輸出することで成り立っていました。

しかしながら、中国国内でも家電製品や、自動車などの消費が活発になり、賃金の上昇
もあって、加工貿易ビジネスモデルは徐々に成立しなくなってきました。今年に入って
からは更に、円安が追い打ちを掛け、日本の企業、または中国に進出している日系企業
にとっては、「賃金上昇」「円安」の二重苦から撤退する動きも加速しています。

ただ、豊かになった、13億人の市場は魅力的であり、そこをターゲットとしたビジネス
を模索する動きは、サービス業を中心として益々活発になってきています。

ものづくりの世界においても、この円安メリットを生かした、ビジネスモデルを考えて
みる価値は十分にあります。
 ・中国経済が減速、輸出も伸びない事から、企業間競争が激化し、製品の差別化、生
  産性向上などの高度な管理技術によって生き残りを図っていく必要がある
 ・日本の優れた材料、部品、機械などのニーズが高まっており、円安によって安く調
  達できるメリットが出てきた
 ・高品質の製品やサービスが、所得の上昇、生活レベルの向上で受け入れやすくなった


■ 高付加価値輸出型ビジネスモデル

日本から高機能、高品質部品材料の輸出、および高度な管理技術を駆使して中国社会に
受け入れられる製品・サービスを提供するというモデルです。

日本<高機能・高品質部品・材料> →   中国<高度な管理技術により加工・組立>
   → 中国<消費>


これは、何も珍らしいものではなく、トヨタなど日本の自動車産業では、早くから行わ
れているビジネスモデルです。

ただ、最終製品を持たない中小企業、つまり下請け企業、B to Bマーケットでビジネス
を展開している企業は、どのような観点で、どのようなビジネスを展開すればいいでしょ
うか?中小企業のB to Bマーケットにおけるビジネスモデルとして、以下のパターンが
考えられます。

 ① 日本<高品質高機能な部品・材料>→ 中国企業<最終製品>
 ② 日本<高品質高機能な産業用設備>→中国企業<最終製品>
 ③ 日本<高度な工場管理技術>→中国企業<最終製品>
 ④ 現地日系企業<高度な加工技術・工場管理技術>→中国企業<最終製品>


大手企業は、最近は工場建設などの直接投資はなるべく控え、①~④のビジネスモデルを
志向し、すでに実施に移されている部分もあります。

お問い合わせフォーム

協力工場一覧

当社の協力企業は下記の通りです。
経営者とは、長年のお付き合いによって、信頼関係で結ばれています。当社の事業は、この協力工場群で支えられております。

協力企業一覧0001.jpg
なんでもお気軽にご相談ください。 お問い合わせフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。