「設計・試作 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新製品の生産立上げ支援

新製品の生産立上げ支援とはどんなことをするのかを説明します。

新製品を企画して、製品設計を行い、試作して量産まで持っていくことは
大企業なら比較的簡単です。ところが、自社でできることが限られている中小
企業にとっては大変なことです。設計までできても製造はできない、図面通り
の製造はできるが設計の能力がないなど・・・

また設計会社が設計図面を製造委託先を見つけて、そこに依頼すれば製品が
問題なくできるかといえば、そうは行きません。自動車や家電などのように、
設計から製造まで一貫した工程で作り込みを行い、QCDを確保しなければいい
製品はできません。

当社は、設計と量産の橋渡しを行う仕事
を専門に行っています。


たとえば、以下のような仕事です。
 ①設計ドキュメントから、製造用組立図・部品表を作成する
 ②量産前の試作サンプル品を製作し、機能評価を行う
 ③部品の量産に適した、専門工場を見つけ、工場評価を行う
 ④金型を設計製作する
 ⑤量産工場の製造・組立工程を構築する
 ⑥工程FMEAを実施する
 ⑦量産工場と基本取引契約書を交わす


その他、量産までに発生する様々な課題、問題を速やかに
解決し、量産までのスケジュール、品質、コスト目標を確保
する、コーディネート機能を担っています。
スポンサーサイト

実物から3Dデータを作成する方法

実物から、または2D CADデーターなどから3Dデーターを作成する、いわゆるコピー(リバース
エンジニアリング)は、いろいろな方法があります。

応用例として、更新型、2番型などの型用のCADデータが必要だが、実物しかない場合、2Dの
図面しかない場合に、3Dデーターを利用して金型設計ができるようになります。
そのほか、実物しかないもので、3Dデーターが必要と言う要望は結構多いと思います。

■ 3Dスキャニング
実物モデルにレーザー光を当て、3Dスキャニングを行い、3Dデータ化します。スキャニング後
の点群(STLデータ)から、面張り(IGES)データの作成も可能です。

3dscan_img02.jpg
<株式会社 HBAのZScannerを利用したリバースエンジニアリングの例>

■ 3Dデータ作成(モデリング)
2D CADデータおよびイメージスケッチ(三面図)から、各種3D CADソフトウェアで、一からデータ
の作成を行い、3D CADデータを作成することが可能です。

■ 3D設計・試作
上記の3Dデーターを活用してCADで製品設計を行います。現状の製品のデザインを改良したい
新たなデザインの製品を設計したいという場合、このリバースモデルを使うと簡単に短納期で設
計できます。

また、3Dデータから、光造形、3Dプリンター、切削加工、注型等で試作モデルを作成します。
造形方法によって、材質やコストが違いますので、試作モデルの使用用途によって最適な造形
方法をご提案いたします。

3Dデータ作成から試作まではもちろん、試作のみでも対応いたします。

自動車部品の試作

一般に自動車部品の開発工程で使用される試作部品には、つぎの2つの用途があります。
1.正規品の形状や取り付けレイアウトのみを確認し、性能確認には用いられないもの
2.○性能確認実験にも耐え得る、正規品並みの精度を有するもの

当社では耐久試験や機能評価試験に最適なものとして、アルミ部品では精度に優れた精密
鋳造を、また、樹脂部品では真空注型によるナイロン注型や耐熱ウレタン注型を提供可能
としています。

yjimage.jpg yjimage1.jpg

自動車用足回り部品やサスペンションメンバー、排気系部品など、金型設計・加工を
短期間で実施致します。又、自動車足回り部品の軽量化や原価低減につながるSE
提案、その他、生産技術開発の推進にもチャレンジしています。

また受注から納品まで最短スピードでの納品を心掛けております。そして低コスト化
の為に新たな金型製作技術にチャレンジしております。お客様には最短で安く金型を
お届けさせて頂けるよう精進して参ります。

main1.jpg

当社は、自動車部品の試作品製作に豊富な経験と技術を持つ専門各社と提携し、3Dプリ
ンターを活用したアルミ鋳造によるラピッド試作、樹脂成型による精密試作、また、
その他に、板金加工[ ZAS型]やカーボン機能部品形成、機械加工などのご要望にお応え
することができます。

当社は、単なる仲介業としてだけでなく、技術商社として、お客様のご要望にお応え
できるよう努力してまいります。
1.図面を見て工程を考える力がある(いかに少ない工程で製品化することができるか)
2.工程を見て型構造を考えられる(いかに安く効率的な金型をつくれるか)
3.型の設計図を実際に描ける(CADが使える)
4.成形シミュレーション解析できる。
5.型材料が手配できる(型材の選定の判別ができる)
6.型加工が手配できる(どんな機械を使うかの判別できる)
7.型組付け指示ができる(型構造を理解している)
8.金型トライを実施できる(重要調査項目が解る)
9.製品品質を検査できる(測定方法を考えられる)
10.金型へのフィードバックができる(量産に活かせるデータを構築できる)

中国 自動車部品の設計・試作

一般に自動車部品の開発工程で使用される試作部品には、つぎの2つの用途が
あります。
1.正規品の形状や取り付けレイアウトのみを確認し、性能確認には用いられないもの
2.○性能確認実験にも耐え得る、正規品並みの精度を有するもの

当社では耐久試験や機能評価試験に最適なものとして、アルミ部品では精度に
優れた精密鋳造を、また、樹脂部品では真空注型によるナイロン注型や耐熱ウレ
タン注型を提供可能としています。

yjimage.jpg yjimage1.jpg

自動車用足回り部品やサスペンションメンバー、排気系部品など、金型設計・加工
を短期間で実施致します。又、自動車足回り部品の軽量化や原価低減につながる
SE提案、その他、生産技術開発の推進にもチャレンジしています。

また受注から納品まで最短スピードでの納品を心掛けております。そして低コスト化
の為に新たな金型製作技術にチャレンジしております。お客様には最短で安く金型
をお届けさせて頂けるよう精進して参ります。

main1.jpg

当社は、自動車部品の試作品製作に豊富な経験と技術を持つ専門各社と提携し
、3Dプリンターを活用したアルミ鋳造によるラピッド試作、樹脂成型による精密試
作、またその他に、板金加工[ ZAS型]やカーボン機能部品形成、機械加工などの
ご要望にお応えすることができます。

当社は、単なる仲介業としてだけでなく、技術商社として、お客様のご要望にお応え
できるよう努力してまいります。
1.図面を見て工程を考える力がある(いかに少ない工程で製品化することができるか)
2.工程を見て型構造を考えられる(いかに安く効率的な金型をつくれるか)
3.型の設計図を実際に描ける(CADが使える)
4.成形シミュレーション解析できる。
5.型材料が手配できる(型材の選定の判別ができる)
6.型加工が手配できる(どんな機械を使うかの判別できる)
7.型組付け指示ができる(型構造を理解している)
8.金型トライを実施できる(重要調査項目が解る)
9.製品品質を検査できる(測定方法を考えられる)
10.金型へのフィードバックができる(量産に活かせるデータを構築できる)
なんでもお気軽にご相談ください。 お問い合わせフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。