「プレス金型 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順送型プレス金型の設計・製造

プレス金型の設計、製造、メッキ処理、アルマイト処理などの二次加工まで一貫し
てお客様のニーズにお応えします。

順送型プレス金型とは、ひとつのプレス金型の中に複数の工程を等間隔で配列し
コイル状の材料(コイル材)がつながったままの状態で金型内を通過しながら
各工程の加工を連続で行えるように設計されたプレス金型を言います。

順送型は単発型やトランスファー型に比べて材料の歩留まりが悪く、設計の難易度
も上がりますが、生産数量が多い大量生産に適した金型です。

順送り金型で生産するためには、まず送り装置でプレス機械1回転毎に1ピッチを送り
次の工程へと材料を順送りします。
材料は連続供給し連続自動運転され、最後にプレス加工完了品として出てきます。
材料はコイル材を使用し、アンコイラ、レベラ、ロールフィーダ等の機器を使って
プレス機に供給されます。
IMG_3199.JPG

IMG_3193.JPG

IMG_3197.JPG

IMG_3194.JPG

IMG_3200.JPG

当社では、精密プレス金型、順送プレス金型の設計、製造、量産まで、お客様の
ニーズにお応えしております。
プレス品のめっき処理、アルマイト処理、アッセンブリーの組立についても対応
致しますのでお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト
なんでもお気軽にご相談ください。 お問い合わせフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。